私は妊娠をしてから、少し困ったことがありました。

それは妊娠をしたということで、その喜びがあって、たくさんのものを食べるようにしていたのです。私の母親なども、私が妊娠をしたことを喜び、妊娠をすると、栄養を出来るだけ取ることが大事と考えていたようで、私のために、あるとあらゆるものをかってきては、与えていたのです。

 

その結果、とんでもない体重増加を認めるようになりました。しかもその時期が、つわりがあった時期にも関わらず、元の体重よりも、なんと5kgも増加していたのです。

 

その時期は、まだ妊娠3ヶ月であったので、検診にいった時に、医師にこっぴどく叱られたことでした。そのことは、当然であると思っています。体重が増加することによって、様々なリスクが起きてくる可能性があるからです。
そのため、次に検診の時までに体重を減少させるようにと、言われたのでした。

 

そのように医師から言われた時、妊娠をしている時に、体重を減らすことは、現実問題として、絶対無理と思ったのです。しかし、医師からそのように言われた弱みもあって、なんとか努力をして、頑張ることにしたのです。
医師からその食事について、注意をするようにと指導されたのは、カロリーについてです。カロリーの高いものを把握して、できるだけ摂取することがないように、気をつけることにしました。もちろんお菓子なども、食べることを禁止していたのです。

 

すると次に検診の時に、直ぐにその成果を実感することができました。なんと、体重を2kgも減少させることができていたのです。そのことは、それから先もこのようにカロリー計算をして食事を管理することについて、少し自信をもつことができたのです。
その後は、食事のたびに、カロリーのことを考えて食べるようになりました。特に野菜を中心の食事にしたことは、とても良かったと思っています。それは野菜から先に食べることによって、満腹感を得ることが出来るからです。その結果、後のものを食べようと思った時、満足をしているので、残すことができました。

 

そして最終的に、無事出産をすることができました。その時には、元の体重よりも5kg増えていましたが、想定範囲内であったので、妊娠継続について支障をきたすことがなかったと思っています。
一人目の妊娠の時に、そのことをよく理解していたので、二人目の時には、最初から増えすぎることがないように管理をすることができたので、良かったと感じています。